カラダ

莫大なお金をかけずに若見えを達成する

唐突ですが、「実年齢より若く見られたい」って多くの人が思っていますよね。

私も、30代前半までは年齢が全く気にならなかったのですが、いつも使っている基礎化粧品で乾燥を感じたり、しわが増えてきた頃から「若く見られたいな~」という願望を持つようになりました。

 

テレビや雑誌に出ている芸能人やセレブの方たちを見ていると、本当に実年齢が分からないと思いませんか?

たくさんのお金があるセレブたちは、美容整形やプチ整形を繰り返し、「劣化」を予防しているのだそうです。

芸能界では整形は常識なのかもしれませんね。

お金がたくさんあったらな~と考えることしばし…。

 

でもね、でもね、限られたお金でやりくりしている私たちでも、「若返り」や「若見え」は実は可能なんです!

ボトックスやレーザー治療などを受けなくても、若く見られる事って出来ないことじゃないんですよね。

 

そんなメッセージを伝えたくて、ブログを書くことにしました!

顔にメスを入れず、毎日のお手入れで若見えを達成するのが当ブログのミッションです!

早速「若見え」を一緒に追求していきましょう!

 

 

痩せている方が若く見える

 

年齢が上がっていくにつれて反比例して減少していくのが「代謝」ではないでしょうか?

食べたものから栄養を取り入れ、エネルギーに変えていくのも代謝のひとつ。

 

若い頃は食べても食べても体重は増えなかったのに、最近は食べたら食べただけ増える…と感じている方は要注意!

30代ごろから私たちの体づくりは終わっていますので、使われなかったエネルギーはそのままお肉となって蓄積していってしまいます。

顎周り、腕周り、腰回りなどボディラインが崩れてくると、ご年配の方の体形にどんどん近づいていってしまいますよね。

体重がそれほど増えていなくても体形は丸みを帯びていくので、適切なマネージメントが必要なんですね。

 

先ほど芸能人の方はお金があるから整形できていいな~なんて書きましたが、体形維持に関しては皆さん本当に努力してらっしゃるみたいです。

毎朝のランニングが日課というモデルさんもいますし、ジムに通って20代と同じ体系を維持している女優さんもたくさんいます。

ここはプロ根性というか、見られる立場の職業であるため、いろんな方法で見た目を維持しているんですね。

矯正下着を身に着けている方もいるかもしれませんが、効果的と言われているものはおしなべて価格が高いという傾向が。

お金持ちの芸能人なら、サイズに合わせていくつも揃えられると思いますが、値段というネックがある為一般向けではないですよね。

 

楽天で見つけた日本製の補正下着は13,200円でした。

(画像は、メイダイ楽天市場店さんからお借りしています。2枚ぐらいなら揃えられるかも…)

 

 

そこでお勧めしたいのが、

 

朝食を食べない」という事。

 

朝食って、食べないと一日頑張れないとか、健康に良くないなんて言われていますが、本当に朝食を必要としているのは、成長期にある子どもや20代の若い人、そして出産予定の妊婦さんだそうです。

それ以外の30代以降の人は、実は朝食を食べなくてOK。

 

これは東洋医学でも言われている事で、午前中は「排泄」の時間なのだそうです。

なので、何かを食べて胃腸を働かせるよりは、何も食べないで胃腸を休ませる方がカラダが疲れず、カロリーオーバーにならずに済むのだそうです。

水分(水かお湯)は胃腸の負担にならないので、朝からたくさん摂る方が、体にいつも新鮮な水を与えられるのだそう。

 

この朝食抜きダイエット?は私も続けているのですが、不思議と空腹感を感じないですね。

朝起きるとのどが渇くので、お湯を多めに飲むと、それで満たされた感覚になります。

 

続けてから2週間ぐらいですが、お通じが変わってきました。

朝ごはんを消化しない為、胃腸が排泄に集中できているのかもしれません。

朝の支度や子供を送り出したりして忙しくしているうちに午前中が終わってしまうので、空腹を感じなくてすんでいるのかもしれません。

最近体重が増えちゃってそのまま定着しちゃったな、という方はこの朝ごはん抜きを実践してみると良いと思います!

断食(ファスティング)にも色々ありますが、こんな半日ファスティングなら気軽にトライできますよね。

 

朝ごはんを抜いて、最初の食事はフルーツ、野菜などから摂取するのが良いみたいです。

フルーツは消化の負担が他の食物より軽いので、胃腸を目覚めさせるのにちょうどいいですね。

私も、なるべく新鮮なフルーツを常備しておくようにしていますが、手元にない時は普通にガッツリランチを摂ってしまう事もあります♪

無理のない範囲でまずやってみるのがおススメですよ。

 


プチ断食の効果

減量:エネルギーを食物からではなく、体脂肪から持ってくるようになるので減量につながる!

コンディションが整う:胃腸を休ませると、消化吸収に使っていたエネルギーを、他の健康維持活動に使えるようになる!

デトックス:毒素や老廃物を排泄しやすくなる!

便秘解消:胃腸が休息できると、本来の力が発揮されてお通じにも違いが出てくる!

美肌効果:内臓が元気になると代謝があがり、肌の代謝(ターンオーバー)が活発化する!

 

※プチ断食中は、水分を十分とるようにしましょう。

水かお湯の方が胃腸に負担がないようですが、野菜ジュース(コールドプレス)を進めている情報サイトもあります。

 


 

朝食抜きと合わせて心がけたいのが腹八分~六分の食事

あともうちょっと食べたいな、というところで食事を終わりにすると、時間とともに満腹度も上がってきます。

食べている時に満腹を感じるようでは遅く、すでに食べ過ぎなんだそうです。

 

この朝食抜きと腹八分を続けるだけで体重が落ちたという人は実際多いので、毎日の積み重ねって大事ですよね。

ダイエットというと、炭水化物抜きとか糖質オフとか無理を強いるものが多いですよね。

食べたいのにひたすら我慢…

でも、無理や我慢を重ねてしまうと、体重が落ちた瞬間終了~となってしまい、リバウンドしやすくてしまって失敗ってな事になりがちなんだそうです。

食べたいものは食べる。でも適量を意識しようね、という緩さがあると減量への道って意外に近いみたいです。

 

朝食ってわさわさしているうちに無理やり口の中に入れているという事が多く、だったらいっそのこと抜いてしまって、お昼と夜はじっくりおいしさを味わって食べるのもいいかな、なんて個人的には感じています!

 

「太っている」というのは体形を表す言葉ですが、太っているという事実は健康上やはり問題もありますよね。

肥満症という言葉もありますし、最近は「メタボリックシンドローム」の方が良く耳にするでしょうか。

糖尿病、脂肪肝、高血圧、高脂血症は肥満からくる病気と言われています。

 

若見えを目指す事と、健康になる事はつながっているんですよね。

BMI指数が高い人は、自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

 

BMI指数の出し方:体重 ÷ 身長(メートルが単位)の二乗。

(例)体重55キロ、身長1.63メートル(163センチ)の人は、55÷2.656=20.7

日本では、BMIが25以上の人が肥満です。

 

↓BMI指数の表でご確認ください

画像引用元:ウィキペディア

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ