カオ

若く見えるメイク方法?

お金をかけずに若く見せて年齢不詳美人を目指そう!というテーマでお送りしています。

 

今日のお題は、「」。

お顔の印象も年齢を大きく左右しますよね。

芸能人やモデルさんたちは、美容外科での整形が当たり前のようですが、一般の人にとってはなかなか敷居の高い美容術ではないでしょうか。

 

お金をかけずに顔が若返る方法を探す前に、どんなポイントが「老けて見える」のか、そこから対処法を見つけていきたいと思います。

 

①くすみ、シミ

年齢が上に行くほどシミは増え、くすんだ印象も多くなってきます。

シミは、実は年齢に関係なく肌の中では生まれ続けているのをご存じでしょうか?

 

紫外線が肌に当たると、細胞にダメージを与えないために肌が自己防衛をしようとします。

この防衛本能がシミの始まりである「メラニン」を作り出すんです。

 

~シミが出来るまで~

紫外線を浴びると、情報を伝える物質がお肌細胞から分泌されメラノサイトをのスイッチをON!

↓ ↓

メラノサイトがメラニン(シミの素)を作り始める

↓ ↓

作り出されたメラニンは、新しいお肌細胞が出来るごとに上へ上へと押し出される

↓ ↓

肌の表面に到達すると、古いお肌細胞と一緒にメラニンもはがれ落ちる

 

シミは、肌の表面からはがれ落ちずに、肌の中に残ってしまった、いわば残留物のようなものなんですね。

 

 

ターンオーバーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

ターンオーバーはお肌細胞の生まれ変わり、入れ替わりを意味し、年齢が若い頃は28日周期で新しい細胞と入れ替わっていると言われています。

このターンオーバーは年齢とともにどんどん時間がかかるようになってしまうので、肌がくすんだりシミとして残ってしまったりもするんだそうです。

 

②しわ、たるみ

シワも、年齢肌の代表格ですよね。

しわの原因は「乾燥」だと思っている人は多いと思いますが、これは間違い。

お肌は乾燥シイタケのように水分を与えればピーン!となるわけではないんです!

 

しわの本当の原因は「コラーゲン」の減少です。

肌の真皮にはコラーゲン(タンパク質の線維)があり、これが網目の様になって肌の弾力の元となっています。

このコラーゲンをつなぎとめているのがエラスチンという線維になっています。

弾力のネットがコラーゲンで、それらを結び合わせているのがエラスチンという事ですね。

 

コラーゲンもエラスチンも年齢とともに弾力がなくなって固くなり、数も減ってしまうのだとか。

その結果出来てしまうのがシワやたるみなんだそうです。

 

美容整形ではヒアルロンやボトックスを注射するのが主な治療法となっているようです。

私たちが日常的にできるケアとしてはコラーゲンを増やすスキンケアが挙げられます。

 

コラーゲンを増やしてくれる美容成分は:

①ビタミンC誘導体

②ナイアシン

③レチノール

④AHA

⑤抗酸化効果のある美容成分

 

代表的な物では上の5つです。

 

この中ではビタミンC誘導体が一番良く耳にする成分でしょうか。

ニキビや毛穴対策にも用いられる人気の成分で、化粧水に配合されていることが多いですね。

 

AHAはピーリング剤に良くみられる成分で、フルーツ酸などがこれに当たります。

 

レチノールはコラーゲン増幅作用は高いものの、刺激も強い傾向にあるので肌が弱めの方は毎日使わない方が良いかもしれません。

ナイアシンはビタミンB3とも呼ばれるビタミンです。抗酸化力の強い栄養素としても知られています。

 

ここに挙げた成分はスキンケアではメジャーなものですので、グーグルや楽天、アマゾンで検索すれば簡単に製品を探すことができます。


 

さて、こういったエイジングサインに対して、スキンケアやメイクで若見えを達成する事は可能です!

若見えメイクの方が即効性があるので覚えておくと便利かも♪

まず「くすみ」や「しみ」は血色を良くする下地(日焼けどめ)やコンシーラーがたくさん発売されていますのでお好みのものを選んでみると良いでしょう。

くすみ対策に明るい色の下地を選んでいる人はちょっと待ってください!

くすみには実は「ピンク系」や「薄紫系」のお色が効果的です!

 

グーグルで「コントロールカラー 紫」と検索するとこんな結果が出てきます。

 

使い方は、目元や口元は特にくすみが目立つところなので、指でポンポンとのせてから伸ばしていくと良いそうです。

シミやくすみが気になる所にファンデーションを塗り重ねてしまうと、厚化粧になり老けた印象が大きくなってしまいます。

代わりに、コントロールカラーを伸ばしてあげると「透明感」を出せるので、肌の見た目が若返りができるんですね!

コントロールカラーは、100均にもありますし、プチプラで揃えることもできます。

色々試して一番透明感を出してくれるのを探してみるのも楽しそうですね!

 

究極の若見えは「すっぴん」?!

 

肌の若見えの為に、スキンケアやメイクで出来ることを書いてきました。

でも、究極の若見えって、実は「すっぴん」じゃないかって思うんです。

みなさんはどう思いますか?

 

最近の流行なのかもしれませんが、「すっぴん」になれるようにアピールしている基礎化粧品って結構たくさんあるんですよね。

毛穴がきれいになるクレンジングだったり、お肌本来の美しさを引き出す基礎化粧品だったり。

で、そういう商品の広告には本当にすっぴんになったユーザーさんの画像が載っているんですが、皆さん実年齢よりはるかに若く見えるんです!!!

広告ですっぴんの女性を見るのはあまりないことなんで、あまりにメイク感がないのに驚いてしまったりするんですが、本当に何もメイクしてないのに素肌は子供の様に美しいんですよね。

 

ビフォーアフターの写真も載ってたりするんですが、メイクしているお顔の方がすごく老けてるんです!!!

メイクって実は見た目年齢を上げてしまうのかもしれませんよね?

中学生や高校生の女の子が背伸びしたくてメイクするのも、大人にみられたいからかなって思います。

 

だから、すっぴんになれたら、またはナチュラルメイクに出来たら、若見え大成功!って感じがするんです。

 

たいていの女性はもう何年も、何十年もメイクをすることが当たり前になっているので、メイクなしで外出するなんて信じられないことかもしれません。

ただ、メイクの弊害というか、塗り重ねたりクレンジングしたりすることで肌もだいぶ傷んでしまい、お肌とトラブルを隠そうとしてさらにメイクを厚くするという悪循環が頻発しているというのも事実みたいです。

 

色んな美容成分を配合したスキンケアが毎年のように発売されているのに、お肌トラブルに悩む人が一向に減っていないのはそんなメイクの弊害もあるのでは?と考えている人もいるそうです。

 

美しくきれいな肌というのは、みずみずしく潤ってハリツヤがあり、健康的ですよね。

すっぴんコスメは、こんなお肌の健康を叶えてくれるかもしれない可能性を秘めているので、使ってみる価値が大きいと思うんです。

どのスキンケアも美しい肌を目指しているのは当たり前なんですが、種類がたくさんありすぎるので(笑)「すっぴん」をスローガンにしているスキンケアからお試ししてみるのも良いと思います。

ドラッグストアや東急ハンズなどのバラエティショップで選んでみても良いと思いますし、通販コスメも優秀な物がたくさん出ています。

いきなり現品を買うのは合うか合わないか不安という場合は数日間のお試しができるトライアルセットも出ていますのでリスク低く試せますよ。

やはりスキンケアは実際に使ってみて良いか悪いか判断した方が確実ですね。(良い口コミ、悪い評判もある程度参考にはなりますが…)

私も色々探してみたのですが、こんなのが良いかなと思ったものを紹介しておきます。

 

当サイトおすすめのすっぴんコスメ

 

このメーカーさんは「漢方」の原材料を多く使っているのが面白いと思います。

漢方っていかにも肌に良さそうだし、すっぴんになっている人も多いみたいですよ!

 

若く見られて損ってことは全くないですからね!

毎日ご機嫌に過ごすためにも、若見え対策頑張りましょう!